ホーム >  RPR塗膜剥離工法 >  RPR 用途

②RPR塗膜剥離工法の用途

・RPR塗膜剥離工法は全世界で塗膜剥離に利用されています。鋼橋梁や貯蔵タンク、水門、パイプライン、船舶や艦船といった、鋼構造物の塗膜剥離で多数の実績があります。

・RPR塗膜剥離工法は、500μ厚以上のエポキシ等の通常塗装や、ゴムライニング、特殊コーティング、FRP、ガラスフレークの様に、厚くて従来塗膜剥離工法では除去が困難であった塗膜の剥離除去に最適です。


RPRの様々な用途





RPR塗膜剥離工法が対応できる塗膜・コーティング


・素地鋼板厚は6ミリ以上で適用でき、9ミリ以上が推奨です。6~9ミリは要相談

RPR塗膜剥離工法で対応が難しい塗膜および注意が必要な塗膜とコーティングは以下の通りです。
適用対象



お問合せ




RPRの概要(1/3) / RPR剥離の仕組み(3/3)
  • ホーム
  • 会社概要
  • 事業内容
  • 原子力向け機器
  • 原子燃料・輸送・原材料
  • プロジェクト災害対応
  • 一般産業向け
  • お問合せ
  • RPRカタログダウンロード