ホーム >  ポリウレタン-ポリウレア ハイブリッド樹脂 スプレタン

ポリウレタン‐ポリウレア ハイブリッド樹脂 スプレタン(SOUPLETHANE)

ポリウレタン樹脂-ポリウレア樹脂 ハイブリッド樹脂 スプレタンコーティング


スプレタン(SOUPLETHANE)はフランスのKEMICA社で開発された無溶剤のポリウレタン ポリウレアのハイブリッド樹脂です。
ポリウレタン樹脂とポリウレア樹脂それぞれの利点を生かし、特殊な添加剤により特性や機能を更に向上しており、主に金属やコンクリート表面への防水及び防食に適しています。

一般的にポリウレア樹脂を施工する際には、加熱してスプレー塗装をする必要があります。 しかしながら、ポリウレタン樹脂とポリウレア樹脂のハイブリッド樹脂であるスプレタンは、ポリウレア 樹脂単体と異なり加熱の必要がなく、スプレー施工の他、手塗りでのコーティング施工も可能です。

スプレタンを用いることで、環境へのインパクト無しに大幅なコーティング施工時間の短縮と、今まで困難だった条件での施工による防水と防食が可能になります。

またポリウレタンとポリウレアの両方の利点を生かした樹脂として、耐食性、機械的強度、被膜の品質にも優れており、一般的な建築物への防食や防水から要求性能の厳しい原子力関連施設にまで、フランスを中心に世界中で幅広く使用されています。

KEMICA社は40年以上にわたり、コンクリートまたは金属の防水、フロアーコーティング、防食コーティングに使われる、ポリウレタン樹脂とポリウレア樹脂を複合した高性能樹脂の供給をしてきました。


イーエナジーは同社の日本総代理店として、原子力施設、一般建築物向けに防水防食に適したKEMICA社の無溶剤樹脂スプレタンを日本市場に供給しております。



施工時の特徴

 

◆手塗りもスプレー塗布も可能です!

ポリウレタン‐ポリウレア樹脂のスプレタン5タイプは、ポットライフが20分程度と比較的長く、また樹脂を加熱する必要がないことから、混ぜる棒と塗る際のヘラなどさえあれば、簡単に防水、防食機能を持つコーティングが可能です。

スプレタン樹脂6タイプは、ポットライフが1分以内と比較的短く、スプレーを使用することで、迅速なコーティング施工が可能となります。

◆下地処理やプライマー不要です!

ポリウレタン‐ポリウレア樹脂のスプレタンは鉄への施工では、脱脂さえ行えばサンドブラストやプライマー施工は不要で、軽度の錆も除去不要です。

コンクリートへの施工では、サンドブラスト等によるレイタンス除去だけで、プライマーや強化用のグラスファイバー布の敷設は必要ありません。

◆環境にやさしいポリウレタン‐ポリウレア系樹脂です!

溶剤を一切使用せず、施工中及び施工後のVOC(揮発性有機物)問題を生じません。またスプレー施工時に主剤35℃、硬化剤25℃以上であれば成分の加熱不要で、有害なイソシアネート蒸気も発生し難いです。

無溶剤のため、塗布後の揮発がなく、耐久性においても優れた力を発揮する樹脂です。

◆被膜の厚さに自由度があります!

需要に応じて薄厚1mm以上の塗布を1回で行うことができ、スプレーを使用すれば、3mm以上の塗布が1回で可能です(平面)。また、一般的なポリウレア樹脂と異なり、スプレタン同士の接着力が強力のため、重ね塗りを行うこともできます。

ポリウレア樹脂と同等の硬化時間である6タイプを使用してスプレー施工すると、天面への塗装についても、液垂れすることなく、1mm以上の塗布を行うことができます。

◆困難な条件下でも施工可能です!

自由水が無ければ湿度やコンクリート内の湿り気によらず施工可能です。さらに硬化時間は延びますが、-20℃での施工も可能です。また、タイプUWは、殆どの環境条件下で施工可能で、水中での施工も可能です。



◆ポリウレタン‐ポリウレア樹脂スプレタンの施工の参考動画

 
(動画に音声はありません)




スプレタン樹脂を使ったコーティング施工例についてはこちらのページへ詳細はこちらへ 詳細はこちらへ



被膜の特徴

 

◆温度的耐久性があります!

ポリウレタン‐ポリウレア樹脂のスプレタンは高温(160℃)から極低温(-50℃)の温度環境でも機能を保つことができます。

◆金属との付着力が強力です!

特にスプレタンUR5, UR6樹脂では、処理された鉄表面で20Mpa程度、錆が付着した状態でも、5Mpa程度の付着力を有します。

一般的なポリウレタン樹脂やポリウレア樹脂よりも高い付着力を有しています。 金属だけでなく、コンクリートへの付着力も3.5MPa程度と、一般的なポリウレタンやポリウレア樹脂 と同等以上の付着力を有しています。

◆加水分解による影響がありません!

スプレタン樹脂は、95℃の熱水中で6か月間変化なしという試験実績があります。
熱水で分解される危険性のある一般的なポリウレタン樹脂やポリウレア樹脂よりも、加水分解に対して、高い性能を有していることが分かります。

◆放射性物質の除染性と高い耐放射線性があります!

タイプNでは放射性物質の除染性に優れ(99%除去)、再汚染も受けにくく、10rad(10Gy)オーダーのγ線照射後も付着力に変化がありません。

◆有害物の浸出がありません!

無溶剤でコンクリートとの接着性が高いのがポリウレタン‐ポリウレア樹脂スプレタンです。貯水用タンク内部等に塗布後も、有害物質の浸出がありません。



スプレタンの諸データについてはこちらのページへ詳細はこちらへ



用途に合わせて様々なタイプがあります


タイプ名 特徴 適する用途例
5, 6 高い水密性と耐紫外線性 プール、屋根、床
5COR, 6COR 高い防食機能 産業用の貯槽や床
UR5, UR6 高い耐薬品性、耐候性、付着力 薬品タンク、海洋構造物
5N, 6N 高い除染性、耐放射線性 原子力施設の水密、防食
UW 水中での施工可能 水中構造物



<価格について>


スプレタンは受注販売をしております。価格につきましてはお問合せ下さい。
サンプルの提供についてもお気軽にお問合せ下さい。


電話:03-6858-4830


問い合わせタグ




・スプレタンの施工例についてはこちらをご覧下さい

・スプレタンの仕様やデータについてはこちらをご覧下さい
  • ホーム
  • 会社概要
  • 事業内容
  • 原子力向け機器
  • 原子燃料・輸送・原材料
  • プロジェクト災害対応
  • 一般産業向け
  • お問合せ
  • RPR 塗膜剥離工法

    RPRの詳細はコチラ
  • レーザー除染

    レーザー除染の詳細はコチラ
  • Kemica(ケミカ)

    kemicaバナー
上へ戻る